レーザー加工機が金型の未来をかえた

レーザー加工機が使われるようになって、
金型産業には多いな影響を与えてしまったことはいうまでもない。

いままで、成型を何度も繰り返し、寸分違わぬ形に仕上るのは職人の腕にかかっていた。
しかし、レーザー加工機で立体の方型が作れるようになってからというものは、
職人に依存することは大きく減ってしまった。

ましてや、流通する商品のライフサイクルを考えると、金型成型も時間との戦いだ。
技術の発達は町工場にも大きな影響を及ぼしているのだ。